日々ひとこと

ひとりごと

映画「百瀬、こっちを向いて。」

特に何か惹かれるものがあったわけではないけど、なんとなく見た。恋愛映画というか、青春映画が見たい気分だったんだろう

だいぶ前の話になるけど、一応原作は既読。ただ、もともとこういう小説はあんまり意識に残らないので、おおまかなあらすじしか覚えてなかった。もちろん短編というのも大きいと思う。あと、さっき知ったのだけど、著者は乙一の別名義だったのですね

映画だけど、まぁ正直時間を潰すという意味以上のものではなかった。特別印象に残る演出や、物語上の起伏もなかったように思う。とはいえ、自分は役者なんてほぼほぼ顔も名前も覚えていないし、本作に至っては向井理くらいしか知らないくらい非映画通なので、特に何か拘りがあるわけでもなし、全然楽しめました

まぁそれでも、アレはアレで、本当にすごい普通の、テンプレみたいな終わり方なんだけど、もともと掲載されたものがものだけに、個人的にはラストは原作のほうが好きでした。もちろん原作には原作なりの、映画には映画なりの良さというものはあると思うので、その差異を欠点としてあげるつもりはないですが